薬剤師のお仕事、調剤について

薬剤師という職種が人気になったことで目指している人も多いでしょう。ですがいざ薬剤師と言ってもどんな仕事をするのか、即答できる人が果たしてどれくらいいるかだ。一般的に想像されているような仕事風景なのかと思いきや、意外と地味ながらも非常に重要な仕事でもある薬剤師の仕事である『調剤』について、このサイトでは考察していきます。

調剤について

薬剤師という仕事が人気の背景で

世の中の人は安定志向である、とは誰が言ったか。まぁ事実であるのは間違いないのですが、安定していれば何でもいいというものではないでしょう。安定しているからそれで全て良し、と言えるのならそれに越したことはありませんが、世の中そううまくいかないものだ。景気は安定せず、ただただ収入が減るばかりで萎えてしまうという様子を先達者たちから眺めている学生から見ても、より安定した仕事に従事したいと思うでしょう。

そんな安定を求める仕事といえば、代表的な人気の高いものとして『薬剤師』があげられる。国家資格を取得すれば独占業務である調剤薬局で薬を調剤する仕事につける。就職先そのものがあるかどうかはさておき、独占業務の役職ほど重要視されるものはないからだ。ただ資格取得となるまでの道のりがやはりハードルが高めに設定されています。専門の大学を6年、その先に資格が取得できなければ薬剤師として働くこともままなりません。安定しているからなりたいといっても、簡単になれると勘違いしてはいけないところだ。

ただそんな薬剤師が普段行っている業務についてですが、文字通り薬を薬局で用意するというのが主な業務になります。それ以外にも備品の数がどれくらいなのかどの庶務も含めても、毎日多くの顧客が訪れる薬局ともなれば忙しさは倍増だ。もちろん日によって訪れるお客さんの数は異なれど、病気になったら病院に行って薬を調剤してもらう、誰もが当たり前のように利用するからこそ薬剤師として働く人もモチベーションは高いはず。

ここで注意して欲しいのが、薬剤師の仕事はあくまで『調剤』だ。『調合』ではなく、既に用意された薬を処方箋に記された内容通りにお客さんに支給する、これが絶対条件となります。

調剤と調合の違い

薬剤師の仕事とは『医薬品を調合すること』と思っている人もいるでしょう、かくいう筆者もそういうものだと思っていた。ただ冷静に考えると、調剤薬局でそんな注文を受けてから面倒な作業をするかと思ったらありえないという結論に至ります。そもそも調合するとなったら多大な時間を要する、それこそ数時間などというレベルでは済まないはずだ。どんなブラックな仕事なんだと言いたくなる、そもそも薬を調合するというのは、また別の仕事となります。

普段訪れているでしょう薬局で薬剤師さんがしている業務は、処方箋などに記された医薬品を『適切な量に調剤して支給する』ということだ。ゲームなどでは薬剤師と言うと薬を一から作っている、なんてイメージを持っている人もいたでしょう。筆者もそれくらい簡単に考えていましたが、熟考したらそんなのやっていられないなぁと思った。

至極正しい解答への帰結となった、それだけのこと。薬剤師の仕事というのは、患者が持ってきた処方箋の紙に記載された指示書に従って薬を提供する、というのが主な仕事なのです。

一昔前の薬剤師に求められていた技能

余談だが、かつての薬剤師には薬を調剤するだけでなく、もう一つ別に持っていなければならないスキルがありました。それは何かというと、医師が書きなぐって記した処方箋の内容を読み取るというもの。手渡された紙を見て思ったことがあるでしょう、処方箋に書かれた内容が何を書いているんだろうと。それは仕方がない、何せペンを滑らせるようにして書いているせいもあり、読めないと感じる人がいてもおかしくない。

ただし薬剤師、並びに医療事務として働いている人たちはカルテなどに情報を残すという意味でも、処方箋の文字が読めなくてはならないのだ。ある意味考古学的な、文字解読みたいな技術も必要だというからそれはそれで面白い。

実際に起こっている事故

処方箋を読み取る力がなくてはならない、これは洒落ではなく真面目に求められている。何せ薬は良薬にもなれば劇薬にもなる、良薬口に苦しということわざが示す言葉通り、薬は1つ扱いを間違えてしまったら命取りになるのだ。事実、過去に処方箋に記されたものと全く違った医薬品を提供したことで死亡したという患者がいる。

辛うじて命が助かったものもいるものの、誤った薬を渡してしまったことの責から自己嫌悪に囚われて自殺した薬剤師もいるほど。起こってはならないことですが、過去に起こった事故をまとめてみると空恐ろしい話がこの世界に存在しているのです。

過去に起こった事故例

誤った分量で提供していたことが判明するも、事実を隠蔽した事件

皮膚病を持つ子供10人に精神薬を手渡して、5人が重体、薬剤師は自殺

名称がよく似ている薬を間違えて支給し、高齢女性が脳梗塞を起こして死亡

分量を多く、または少なく渡してしまったため、患者の様態が重体に追い込まれ、最悪死亡することも

処方箋に記載されていた内容が誤っていた

事故を起こすなとはいえないが

実際に起こっている事故はほんの一例にすぎない、世の中にはまだまだ表に出ていないだけで薬剤師や医師などの処方箋の書き間違い、あるいは読み間違いなどによりこれで健康になれると信じた人たちが、こぞって死亡する事もあった。中には生存こそ出来たものの、重体になったという人もいる。服用して一ヶ月ほど経ってから脳梗塞を起こして死亡する、なんて事例もあるほどだ。

薬剤師は処方箋に記された医薬品を分量通り、ただ支給していればいいだけではダメなのです。薬1つずつの知識、服用する量によってどのような事が起こるのか、医療に関する知識全般が求められる大変な仕事なのです。果たしてこれが世に言われている『薬剤師になったら仕事が安定している』と言われるほど、軽いものなのでしょうか。実際は責任重大で、処方箋に書かれた内容を一言一句間違えずに読み取らなくてはならない、これこそが最大の薬剤師に求められる能力なのかもしれません。

楽になったからといって

かつては調剤も人間の目分による測りによって提供されていたとのこと。それはそれで恐ろしい、つまりまだその頃は薬剤師を信じるしかなかったということだ。それでは公平ではないとして、現在は薬を自動的に調剤する機材を用いて分量しているので、作業効率は格段に上がっている。ただその機械も分量を測る際に設定内容が誤ったものになっていても事故は起こります。

薬剤師の仕事1つで人間を死に至らしめる事もできる、彼らの業務とはそういうものなのです。

MENU